スポンサーサイト

  • 2015.02.11 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


緊張のパン作り

 今日のパンは美味しくできるかな?

ついにというか、とうとうと言うべきか、
発酵の難しい時期がやってきました。

先週はイベントが二日もあって、たくさんのパンを仕込んだけれど
トーストブレッドの大きな食パンは、いつものパンにならず、
何度も何度も作ってみましたがやはりダメ。
とうとう販売を中止しました。

やはりお客様には納得のいく、美味しいパンを召し上がって頂きたいですから。

今年は早くから半端ではない暑い日が続いていたのに、
2週間前までは順調だったので、ちょっと油断してしまったのです。
ダメですね。油断大敵。

何故うまくいかないかというと、
酒種酵母は最初の一日は室温で発酵させるのですが、
室温が高くなりすぎていたこと(きっと)と、
少し時間を長くおき過ぎてしまった為に、発酵が過ぎてしまったんですね。

米麹で発酵させて作る清酒や味噌作りが冬に行われるように
暑い季節は酒種酵母は難しいですね。
毎年悩む季節ですー。

今日の酵母は成功か失敗か…。

とても緊張して見守っていましたが、
今日はいつもの美味しいパンになってくれました。


嬉しいですね〜。
緊張感から解放されます。

前回の失敗から、少し早めに酵母を冷蔵して発酵力を低くしたのが
良かったのだと思います。
酵母は生き物だから、ちゃんと心配りを忘れてはいけませんね。

明日の「ぽかぽか祭り」に間に合ってホッとしました。

酵母さん、ありがとう!

本日終了。

 27日に今年のパン作りを終了しました。

いつもならその日のうちに、
配達をすべて終わらせてしまうところですが、
パン作りの他に、お米の精米にゆうパックでの発送など
いっぱいすることがあって、昨日は時間オーバーになってしまいました。

今日は最後の配達に行きましたが、
朝から雪やら雨やらひどい天気でしたね。
でも、しっかり今年のパンを終わることができました。
配達でみなさんの笑顔に出会える事が最高です。

さて、クリスマスのパンのご予約をたくさんの方から頂戴し、
うれしい悲鳴状態でした。
毎日一生懸命作らせていただきました。
クリスマスまでにほとんどをお届けしましたが、
お正月に子ども達が帰省してから一緒に食べたいからというお客様も数人おられて、
その方々には昨日はゆうパックで、
今日はご町内お届けし、無事に任務を終えホッとしました。


今年はどんな味に仕上がったかしら?
喜んでいただけたかな?

年に一度の楽しみですから、
来年もがんばりましょう。

みなさま、ありがとうございました。



「しあわせのパン」カフェ

 映画『しあわせのパン』を観たマルシェ隊長が、
多いに感動して、
10月6日のグラントワでのマルシェは、
カフェを再現しよう!
中庭に窯を造ってパンも焼こう!
と張り切っています。

ところが隊長は数日前まで別のイベントで大忙し、
なかなか窯を造る事ができませんでした。

やっと最初で最後の打ち合わせをする中で、
やっぱりパンを焼きたい!
あきらめたくないぞ〜!・・と。

窯の代わりにダッチオーブンで焼こうということになり、
パン工房の前に設営して、
焼けるのかどうなのか、とにかく実験です。

写真: 映画『しあわせのパン』を観たマルシェ隊長が、
多いに感動して、
10月6日のグラントワでのマルシェは、
カフェを再現しよう!
中庭に窯を造ってパンも焼こう!
と張り切っています。

ところが隊長は数日前まで別のイベントで大忙し、
なかなか窯を造る事ができませんでした。

昨日やっと最初で最後の打ち合わせをする中で、
やっぱりパンを焼きたい!
あきらめたくないぞ〜!・・と。

窯の代わりにダッチオーブンで焼こうということになり、
今日はパン工房の前に設営して、
焼けるのかどうなのか、とにかく実験です。

私としては温度がどうなのか気になる所でしたが
さてさて・・・

いろんな大きさを試してみましたが、
最初に一番大きなカンパーニュを、鍋に直に置いたため、
真っ黒にこげてしまいました。

直に置いてはダメということと、
温度が上がりきっているのに、
炭を除く事を忘れていたので真っ黒に焦がしてしまいました。

一つ目のパンにがっくりきた私たちでしたが、
少し小さめの二つ目のパンのオーブンの蓋を開けて、
感動しました。


うわ〜、おいしそうに焼けてる!

中ももっちもちです。

炭火焼のパンはとても美味しい!
ということが分かりました。

実験成功!

隊長の押しに引っ張られて
私も興味心身だったので嬉しい体験でした。

これで、6日のカフェも成功させるぞ!

6日のパンはダンク・ダンケですが、
パンプキンポタージュはオーガニックカフェAjaさん、
野菜具だくさんスープはゆうの会のRinaさん。

小さなダッチオーブンなので、たくさんのパンは焼けませんが、
手作り感は味わっていただけると思います。

きっと素敵なカフェになること間違いなし。

マルシェのみんなでお待ちしています。(^^)*


みなさまに感謝

 気がついてみれば10月に入っていました。
そして、
長らくブログをご無沙汰してしまいました。

9月はなんと忙しかったことか、
8月後半からイベントが毎週のごとく入り、
稲刈りは長引くし、
地域の運動会もあるし、
高校の同窓会もあるし、
休みなしで過ごすという、これって幸せなことですよね。

       ☆ ☆

9月の一ヶ月間、
送料無料という初めての試みの5周年キャンペーンも、
お蔭さまで大好評のうちに終了させていただきました。

初めてのお客様や、
友達の友達、
あるいはこの機会にご友人にプレゼントをたくさんしていただいた方や、
大勢の方に喜んで頂きまして、ありがとうございました。

好評をいただきましたので、
損得なしで
また次の機会にできれば行いたいと思います。

ダンク・ダンケのパンがしあわせのパンになれるのなら、
喜んでそのお手伝いをさせて頂きたいです。

本当は・・・お客様の暖かいメッセージで、
私が何よりしあわせな気分になったのですよ。(^^)

皆様ありがとうございました。

マルシェ高津川 inグラントワ

 明日のマルシェの準備が整いました。
       
        あとは明日の朝、ドーナツを作るだけです。

皆様、明日はお待ちしております。

 

酵母は生きている

今日は雨。
昨日からしとしと降っています。ちょっと肌寒いです。

5月に入ってパン作りに気持ちを入れ替えています。
というのも、これから天然酵母パンの難しさが始まるからです。

酵母をどのタイミングで作るか、使うか。
仕込み水は冷蔵庫で冷やして、
梅雨に入って湿度も高くなると量を加減したり、
もう少し気温が上がると、粉もそろそろ冷やさないと・・・。

など考えることはいっぱい増えてきます。

この微妙な関係がうまくいかないと
おいしいパンが焼けないのです。
そして、今日の失敗を明日のパン作りに生かします。


 昨日、パン作りを仕事にしたいという方が、
パン作りを教えて欲しいと相談に来られました。
家族でお店を展開されているようで、自然食品のお店とオーガニックカフェもあり、
パンもあったらいいなということらしいです。
家族でいろんなことができて、それも同じ思いのお店があり、
お話を伺って、とてもいい環境でうらやましく思いました。

『何回通ったら作れるようになりますか?』
この質問には何とも応えられませんでした。
どう答えたらいいのか迷ってしまいます。

天然酵母でのパン作りとなると、酵母のことが分かるまでに数年もかかるし、
これは経験の上で感覚が物をいうと思います。
私自身も5年でやっと最近少し分かって来たと思うのです。
イーストを使えば発酵が早いからうまくいくことでも、
天然酵母になると気温や湿度や粉の状態まで見極めが必要です。

毎日均一にパンを焼くことはまず不可能で、時間も労力もかかります。

いろんなお話をすると『こりゃぁ簡単にはいかないなぁ』と言われます。

何事も思ったより難しいものと理解したのは私の経験です。
失敗しながらやっていけばいいといくらいに思っていないと・・・

私にできることはご協力しますとお話しました。


さて、パンを買われたお客様にもお伝えします。

天然酵母パンは日持ちがすると言われますが、
湿度の高い日本では難しいです。
酵母パンは袋の中で呼吸しています。
温度差があると劣化が早まりますので、
購入されたら冷凍されることをお勧めします。
いつもおいしく食べていただきたいために__。

5周年に・・・おもうこと

 今年ダンク・ダンケはおかげさまで5周年を迎えることができました。

3月25日が創業日ということになっているのですが、
これは『かたくり祭り』に出ませんかと言われて、
祭りに急遽間に合わせたとりあえずの開店でした。

実際はゴールデンウイーク、5年前の吉賀町夢花マラソンがあった日です。

当時パンフレットもホームページも、応援してくれる学生時代の友人が
手作りで作ってくれました。

ただパンが好きというだけで、経営なんて何も知らないで素人が始めたお店です。
ゆっくり穏やかな生活をしようー・・と思っての帰省が、
その日をやりこなすバタバタの毎日。
まあここまで続いたものだと思います。

それには感謝する人がいます。
一人は娘です。
最初はなんで一緒に来たの?と思っていましたが、
この5年間、この娘がいなければ私は何もできなかったでしょう。
パン作りから販売、経理に・・・etc
判断力、決断力の無い私をビシバシと引っ張ってくれました。
時にはけんかもしながら、いつも傍らにいて支えてくれた強い味方です。
とくに町内誰も知らない中で、笑顔とおしゃべりで営業力を発揮して
(私にはとうてい真似ができない)
ダンク・ダンケの名前をみなさんに覚えてもらえました。
そして友達や仲間がいっぱいふえました。

そんな娘ですが、今年から母を鍛えねばと手伝いを卒業しました。
娘が築いてくれたダンク・ダンケを引き続き、
私ががんばろうと思います。(ホントは多いに不安・・・)

『ともちゃん、ありがとう!』

というわけで、
明日から3日間、家族3人で卒業慰安旅行をしてきます。
(ちなみに家族は4人。一人兄さんは今ペルーを旅行満喫中)

ダンク・ダンケは2日までお休みします。



気温が上がると

 今日はパンに追いまくられた一日でした。

ついこの前までは寒くて、
酵母にとってはちょうど良い季節だったのに、
これからは気温がどんどん上がっていくので、酵母の管理が難しく、
そしてパン作りも難しくなってきます。

今日のパン工房の室温は21℃で悪くなかったのに、
酵母が若かったからか、(酵母を作って二日目)
一次発酵がやけに早く進んできました。

普段は生地作りを終えた後、少し時間があって、そのときに朝食をとります。

でも今日は待ったなしです。
それでもベンチタイムを利用してなんとか朝食はできました。

今日は益田市のフェリスさんのご注文で種類も多く、
胡椒やチーズを使うグリッシーニは、他のパンと一緒にできないので
発酵しているのに後回し後回し。
クリームパンのカスタードクリームも、作る時間がないないで最後になってしまいました。

ボールなどの洗い物もいっぱい溜まってくるし、
目まぐるしく働いて、
なんとか宅配や配達に間に合いました。

とうとう昼食は4時半でした。

室温が高くなったり、雨が降って湿気が多くなると
酵母やパン作りに影響があります。
やっと暖房とおさらばしたのに、もう冷房にお世話にならなきゃいけない。

それにしてもこんなに慌ただしいパン作りは初めてかな?

明日は、もう少しゆっくりパン作りをしたいなぁ。


準備万端!

 今日も早朝からパン作り。

連続の睡眠不足で、
今朝は目が覚めてもなかなか布団から出られない。
とうとう5時になってしまいました。

しかし不思議なものでパンを作り始めると、
眠気がどっかへ飛んでいってしまいます。
淡々とパンのことだけを考えて一日フル回転でした。

明日からの福屋さんでの催し
『RCC番組おすすめ 全国グルメフェア』の出店に向けて準備万端。
明日朝、というより数時間後(3時)から
ドーナッツを久々に作って明日の分は完了です。

販売は娘と従兄弟の販売部長(?!)が参ります。

初めての催しなのでどんな感じかわかりません。

お客様、よろしくお願いいたします。

私は明日も引き続きパン作りです。
今日は夕方から津和野へ福島から避難して来ておられる古川さんが
泊まり込みで手伝いに来てくださいました。
ありがたいことです。
しかし、来られた早々夜遅くまでこき使ってしまってごめんなさい。です。
もうこりごりだ〜と思ったかもしれませんね。

明日もしっかりがんばろう・・・ね。

仕事納め

 今日は2011年パン作りの仕事納め。
作り納めということで、さらに心をこめて焼きました。

かきのき村道の駅は年中無休です。
お正月の間もオープンしていますので、
今日は今年最後のパンを納めさせていただきました。

    ☆

今年は夏場に休業しましたが、
再開してからは毎週のようにイベントがあり、
なんだか休んだ分を取り戻すかのように忙しかった。

あっという間の一年でした。

    ☆ 

さあ、
明日はパン工房の掃除をしましょう。

今年もよく働いてくれたパン捏ね機やオーブンなどなど
感謝を込めてきれいにしましょう。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
weather
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM