スポンサーサイト

  • 2015.02.11 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


誕生日おめでとう!

5月28日はダンクとその兄妹の誕生日。

ダンクはもう私たちの側にはいないけど、

今日15歳を迎えた妹のクレアは元気だよ。



この笑顔に出会えることが何より嬉しいな。

クレアは生まれた時からマイペースを保ってきたから、
無理がないのかな?

これからも、
私たちを元気づけてちょうだいね。
 

愛犬ダンクの・・・

早12月、年末、師走ですね。

11月はいきなり寒くなって、山の上が雪景色になったりして、
今年は雪が多いのかな?
と不安になっていましたが、

11月後半からは小春日和が続いて
「この冬は暖冬になりそうです」と
テレビのニュースが叫んでいます。
あったかい冬はありがたいけど、
喜んでいられません。

新型インフルエンザも
波が押し寄せるように、この地にもやってきました。
学校の休校が珍しくないことほど
怖いことはありませんね。

=========================

 今日12月3日は
愛犬ダンクの一周忌です。

この一年は、なんだかとっても早かった。

9年間過ごしたダンクが、
私たち家族の前から姿がなくなって、
当分の間は
いつもの場所にダンクが座っていそうな気がして、
何度もハッとしたり。

パンを作っている時などに
ふとダンクの吠える声が聞こえて
ダンクがそばに居てくていると感じてほっとしたり。

ところで、

「ダンク・ダンケ」という店の名前は、
ダンクが2歳のころに通っていた「犬のマナー教室」で
会場のカフェのオーナーが、
付けてくれた名前です。

マナー教室の先生や皆さんに
パンやお菓子を作って持っていったところ
オーナーが「ベーカリー ダンク・ダンケ」だねと命名してくれました。

その名前の響きがとっても気に入って・・・、
でも
まさか本当にお店の名前になるとは。
「ダンクママ」もその時の犬仲間の私の呼び名。

みんなダンクが残してくれたものだよ。

あの頃もワンコつながりで、いろんな出会いがあったね。

ダンクのおかげだよ。

ありがとうーーー。


帰って来たダンク

 昨日、少し時間があったので

雪かきをしながら、こんなの作っちゃいました。



「ダンク」が帰ってきましたよ。

娘と友人と3人で作りました。
製作時間は2時間くらい。3人とも夢中になって作ってました。
見てお分かりのとおり、かなりでっかい。
体には人が乗れます。

鼻はみかん、
目はじゃがいもを墨で塗って、
ひげは松の葉です。

リアルで、旅行から帰って来たジぃじとバぁばが
喜んでしまうほど
ほんとにダンクがいるみたいにそっくりにできたんですよ。



でも、今日の午後、事件が起きました。

鼻のみかんがなくなって、目が下に落ちていました。
犯人は・・・
ダンクの足下に鳥の足跡が・・・。やられちゃいましたね〜。

みかんは食べられたようで、じゃがいもの目は食べられなくてあきらめた様子。
ちゃんと修理しました。

子どもに返って、良いリフレッシュになりました。



ダンクありがとう


ダンク・ダンケの最愛なる看板犬「ダンク/dunk」が

今日12月3日、星になりました・・・。

 

 ゴールデンレトリーバー ♂ 
 9歳6カ月と5日

 家族はもちろん、会う人を虜にして
 みんなに愛された、
 やんちゃで愛くるしいダンクでした。









10月30日、
山口大学動物医療センターの先生から、
思いもかけず「血管肉腫」で完治は無理です。と言われて、信じられない宣告でした。

家族で相談して、手術や抗がん剤の治療をしない選択をしました。 
手術や、入院での会えない寂しさ、
犬にとって理解出来ない苦しい治療・・などのリスクを考えたからです。
しかし、私達の住む地域には動物病院がありません。
何の経験もない私には不安がいっぱいでした。
それに応えて下さったのが、獣医のあけぼの動物病院の先生のやさしいフォローの言葉でした。

こんなに早く、さよならをするとは思ってもいませんでしたが、
ダンクはこのひと月、けなげに病気と闘ってきました。

やさしいダンクは、私達に負担をかけないようにとの思いだったのでしょう。


ダンクは大阪の箕面で1999年5月28日に生まれました。
兄弟は6匹。

我が家にやって来たのは、その2ヵ月後。

私が、前年の12月に最愛の妹を病気で亡くして、立ち直れないでいる時
友人が「友達の家にゴールデンの赤ちゃんが生まれたからもらってよ!」と言ってくれたのが始まりです。
ちょうど娘も犬が欲しいとねだっていて、「見るだけ」のつもりが、
ダンクの愛くるしい眼と人なつっこさに一目惚れ。
その日のうちに、我が家にやってきたのです。
きっと巡り合わせだったのでしょう。

9年間、いろんな事があったし、あちこち出かけたり、
思い出はいっぱいです。
ダンクに癒され、救われたことは数えきれない。

家族の絆にも一役買っていました。

ほんとうは、このブログも
元気マン・ダンクの事件簿!を書いていくつもりでした。

これからは思い出を引っ張りだして
書いていく事になるのかな?

ありがとう!ダンク

ダンクはこれからも、私達家族のこころのささえだよ。

  






calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
weather
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM